[即行動]介護職の悩みを緩和する3つの行動 | ツヨブログ

[即行動]介護職の悩みを緩和する3つの行動

悩んでいる画像

皆さんお疲れ様です。ツヨシ(@tuyoshikaigo)です。
今回は、介護職の悩みを3つの行動をすることで緩和できる方法を記事にしました。

僕は、最初に転職をした訪問介護事業所で、社長からパワハラを受けて、決して1人では終わらない量の仕事をサービス残業という形で、こなしておりました。
夜の21時に電話で叱咤され、夜中2時まで働いていました。
誰も解決できない悩みを抱えながら、毎日遅くまで仕事をしておりました。

僕は、今回記事にする3つの行動をすることで、悩みは解決しました。
結果的には、転職した形になりましたが、しっかりと行動したので後悔はありません。

このような悩みの方いらっしゃいませんか?

  • 役職がついてから仕事がきつい
  • サービズ残業が多すぎる
  • 人間関係が悪くてつらい
  • 会社の拘束時間が長くて、何も行動が出来ない。

このような悩みを持っている方は、今回解説する3つの行動を、順番通りに行うことで、悩みの大部分を緩和することができます。

  1. いつでも転職できるように準備をしておく
  2. 上司に相談をする
  3. 派遣会社を通じて見学に行く

この順番で行動すれば、今の悩みは緩和され、今よりもずっと楽に仕事ができるようになります。

現在悩んでいるあなたへ

この記事を読んで頂けている方は、利用者様や会社の人間関係等何か悩みがある方だと思います。

僕自身も、苦手な職員がいたり、利用者様の暴力から会社が守ってくれなかったりしてすごく悩んだことがありました。

結論ですが、無理する必要はありません。
上司に相談して、自分自身も努力してダメだったら、もう転職活動をしましょう。
非常に心が楽になります。
人は、次に働く場所があることがわかると気持ち的に非常に楽になります。

断言します。
朝から晩まで会社のため、利用者様のために働いて、体調を崩してしまったり、その会社を辞めることになったら、得をするのは会社だけです。

この記事を最後まで読んで頂き、あなたの悩みを根本的に緩和していきましょう。

もしこの記事を見て頂いている方が、現在介護のブラック企業で働いている方がいましたら、こちらの記事を読んで頂けたらと思います。

介護職の悩みを緩和する行動① いつでも転職できるように準備する

転職の準備

介護職の悩みを緩和する行動で、まずはじめにやらないと行けない行動は「いつでも転職できるように準備をする」ということです。

僕自身も経験がありますが、劣悪な環境で仕事をすると、毎日が問題なく終わることだけを考えてしまい、抜本的な悩みの解決ができなくなってしまいます。
こんな状態が続くと、精神的に追い詰められていく一方です。

介護職で働く方々は、優しくて責任感が強いため劣悪な環境でもがんばろうとしてしまいます。
以下のように思っている方々は、特に注意が必要です。

  • 最低でも3年働かないといけない
  • 転職した自分を拾ってくれたから役に立たないといけない
  • 利用者様のために一生懸命頑張らないといけない
  • 会社の中心人物になって、みんなが仕事をしやすいようにしたい
  • 自分の価値が低いため、ここでしか働けない

このような方が多いため、無理をしてしまいます。
特に、5番目のように考える人が多く、ここがダメだったら次はないと思い込んでいる人が多いです。
ここでしか働けないということは、絶対にそんなことはないです。
介護は、資格とやる気があって、人の話を聴くことが出来れば転職できます。

僕は、何人も心の病気になってしまう人を見てきましたが、皆さんのがんばろうという思いは、会社には届いていないことが多いです。
特に利益のことしか考えていない経営者は、人をコマとしか思っていない人が多いです。

そういった人たちのコマにならないためにも、転職の準備をしていきましょう。

転職をするための準備① 取れる資格は取っておく

転職をするための準備として、大事なのは資格です。
例えば、施設系の介護の仕事をしている人は、実務者研修を受けるだけで、訪問介護への転職が可能になります。
このように、比較的に楽に取れる資格を取得すると良いです。

訪問介護、通所介護、施設系介護等、介護にもいろいろな職種があります。
選択肢を増やす為にも、資格の勉強をすることは良いことです。

転職をするための準備② 自分でどんどん転職先を探す

もし、精神的に余裕がなければ、転職サイトに登録をして、転職先をどんどん探していきましょう。
この行動は、するだけで意味があります。
理由は、こんなにもたくさん働く所があるんだという安心感につながります。

できれば、介護の枠の中で転職先を探す方が良いでしょう。
別業種で働くと、また1から勉強をし直さないといけません。
僕は、信用金庫から介護に転職をしてきたのですが、精神的に疲れます。

ですから、同じ職種で、別の事業所で働くか、介護の職種を変えるかで、転職の準備をすることがオススメです。

転職をするための準備③ 第三者に転職先を探してもらう。

①、②も現在精神的にきついという人は、③がオススメです。
派遣会社や転職サイトのスカウトに登録しておくと、自分が探すのではなく、派遣会社の担当や、転職サイトが転職先を探してくれます。

僕は何件も登録していますが、登録したから絶対転職しないといけないということはありません。

あなたは、登録さえすれば、電話やメールで転職先を紹介してもらうことできます。
僕がよく使うのは③が多いです。

オススメの派遣サイトを紹介

オススメの派遣サイトは2つ
かいご畑(超有名、特に無料で資格取得に挑戦ができます)
キャリアアップ応援制度あり!介護職のキャリアアップなら介護専門求人サイトかいご畑

きらケア(登録企業の多さは派遣業界の中でもトップクラス)
派遣をお探しの介護士さんに!【きらケア 派遣】


断言します。
この転職の準備をするだけでも、「今自分が働いている場所だけではない」と実感をするだけでも、気持ちにだいぶ余裕を持つことができます。
今の会社に悩みがある人は必ず、転職の準備を行っておきましょう。

介護職の悩みを緩和する行動② 上司に相談

転職する準備が終われば、いよいよあなたの悩みを解決していきます。
辞める覚悟で、必ず個室で1対1で上司に相談をしてみましょう。

  • 上司は忙しいから申し訳ない
  • 上司が嫌いだから話せない
  • 上司に迷惑がかかる

あなたは、転職するかもしれない状態です。もう後先考えずに話しましょう。

悩みについて相談をすると十中八九、「また考えておく」と言ってその場を立ち去ります。
あなたがたくさん悩んだことを、相談した日に解決することは難しいです。少し待ちましょう。


この段階では、上司に相談することが大事なのです。
なぜなら、今後の上司の行動次第で、現在働いている会社で、悩みが解決できるかがわかるからです。

介護職の悩みを緩和する行動③ 派遣会社を通じて見学に行く

待っている画像

上司に相談をしたら、派遣会社を通じて見学に行ってみましょう。
他の会社の雰囲気や待遇を知ることで、今働いている所以外に、いろいろないい場所があるのかと気が付くことができます。
僕はこの行動で、非常に胸が軽くなりました。(余裕ができます)

上司に相談した悩みが解決されれば、気持ちよく仕事をして、解決されなければ転職を視野に入れた行動をしましょう。

またよくあるケースとして、上司からの返答がないということも少なくありません。
1週間以上経っても上司から全く反応がなければ、上司に再度聞きましょう。

僕はこのやり方で以下のような悩みを解決しました。

  • 自分の動きにマイナスな社員の部署変え
  • 給料の微増
  • 役職がついたことによる、仕事の偏りの再検討
  • 会社の雰囲気の改善

会社に遠慮をすることなんて全くありません。

僕の悩みが一番緩和された行動 派遣会社に登録する

この中で一番悩みが緩和された行動は、派遣会社に登録したことです。
派遣会社に登録をすると、派遣会社の担当の人が、見学から面談、上司への相談までほとんど一緒に行ってくれます。

空いている日にちを派遣会社の担当者に伝えておくだけで、仕事中に担当者が見学の日程、面談の日程等もメイキングしてくれます。

忙しくて僕自身が行動できない際に、担当者に動いてもらうことで非常に気持ちが楽になりました。

まとめ

最後まで読んで頂きありがとうございます。
この記事を読んで頂けたこと

他の施設の様子や、状況を知ることができるだけでも心境は全然変わります。
今何かで悩んでいる人は、この記事を行動をして、出来れば別の会社の見学までしてきて下さい。

今あなたが働いているところ以外にも、働く場所はたくさんあります。

タイトルとURLをコピーしました