[見ないと損]実体験に基づいた介護派遣のメリット・デメリット | ツヨブログ

[見ないと損]実体験に基づいた介護派遣のメリット・デメリット

派遣会社の様子

皆さんお疲れ様です。ツヨシです。

派遣会社から実際に介護の仕事をしていた僕が、実体験に基づいて介護派遣のメリット・デメリットを徹底的に解説させて頂きます。

この記事を書いた理由は、皆さんに介護のブラック企業で働かず、良い会社で介護の仕事をして頂きたいからです。
ブラック企業で働かないためにも、介護派遣で働くことは良いことです。

今回の記事は、以下の方々に最後まで読んで頂きたいです。
理由は見ないと損だからです。

・介護の仕事をしようとしている人
・介護のパートやアルバイトで仕事している人
・現在介護の仕事をしている人

この記事を読むことのメリットは下記の通りです。

この記事を最後まで読んで頂くことで、皆さんに以下のメリットがあります。

・介護派遣の偏見がなくなる
・介護の仕事は、派遣会社で働いた方が良いことがわかる
・時給が高いということがわかる
・ブラック企業で就職をする可能性が低くなることがわかる

長いですが、皆さんが介護のブラック企業に働かないで頂くためにも、一生懸命書きましたので最後まで読んで頂けたらと思います。

はじめに

下の図は、前職を辞めた理由を厚生労働省がまとめた表になります。

平成30年度介護労働実態調査 介護労働者の就業実態と就業意識調査 結果報告書

職場関係が原因だったり、収入が低いという理由で辞めてしまう人多い事がわかります。
この表を踏まえて、この記事を読んでいただくと、さらに介護派遣の良さを理解して頂けると思います。

介護派遣についてQ&A方式で解説

介護派遣にマイナスなイメージを持っている方や、間違った認識をされている方が多いので、よくある疑問についてをQ&A方式で解説します。

介護派遣って正社員になりにくいのでは?

この質問よく聞きますけど、大きな間違いです。

介護派遣で働いている人は、正社員になれないのではなく、なりたくないのです。

介護派遣で働くと以下のことから守ってくれます。

  • サービス残業
  • 有給がとれない
  • 全員強制参加の会議や行事に出なくてもいい
  • 人間関係のいざこざ

逆に、正社員になって、上記の4つのことを強要されたら、あなたは正社員になりたいですか?

実際にあなたが働いてみて、正社員になりたい会社があれば、派遣会社の担当者にその事を相談しましょう。自分で、1から面接に行くよりも正社員になりやすいです。

介護派遣の働き方はどのような働き方がありますか?

介護派遣の働き方は2種類あります。(2種類とも経験しましたが、特別な行動はないです)

登録型派遣:派遣会社と雇用契約を結んで契約期間の間働く方法です。3ヶ月ぐらいの期間が多く、派遣会社から延長の要望があれば延長されます。
もし派遣先と合わなければ、次の派遣先を紹介して頂くことができます。

紹介型派遣:派遣先で正社員になりたい人が選ぶ働き方です。6ヶ月という期間の間、会社の中身や雰囲気を見て、正社員になるか考えることができます。

もし、あなたが正社員になりたいという希望があれば、「紹介型派遣」で仕事をすることをオススメします。

余談ですが
もしあなたが、介護派遣として、普通に施設や事業所で働いていたら、「正社員で働きませんか?」と声をかけられることが非常に多いと思います。

僕が人事担当だった時も、何人か声をかけさせて頂きました。

あなたが、正社員で働こうとしているならば、介護のブラック企業かどうかをしっかりと見分けてから就職をして下さい。こちらの記事を参照にして頂けたらと思います。

パートと派遣どう違うの?

大きく違うところは、雇用されている先が違います。

パートの場合:介護施設や事業所に直接雇用

介護派遣の場合:派遣会社に雇用されて、介護施設や事業所に一定期間派遣される雇用形態

パートアルバイトの場合は、年間行事や、会議に参加しないといけない変わりに、ボーナスがもらえる可能性があります。

介護派遣の場合は、社員にならないならば、助っ人的な役割で、会社の会議や強制参加の行事に出なくても良いです。あなたの好きな介護を、介護保険のルールに従って行うことができるという違いがあります。(ボーナスはありません)

介護派遣で働いた方が良い人はどんな人ですか?

僕自身の経験や7年間介護の仕事をしてきた視点から言うと、以下の人は介護派遣を使った方が良いと思います。

  • 介護の仕事だけをしたい人
  • いろいろな施設や事業所で経験を積みたい人
  • 人間関係が面倒だと思う人
  • 短時間でお金を稼ぎたい人

この4つのうちどれかに当てはまる人は、介護派遣で働くことをオススメします。

僕は過去に、「介護の仕事がしたいだけなのに、経営者や上司との人間関係、、嫌な会議の強制出席が嫌だから会社を辞めます」といった社員やパート職員を何人も見てきました。

あなたは介護の仕事がしたいのであって、つまらない会議や、上司へのごますり等をしたくないですよね?

そう言った方は、介護派遣で働くことをオススメします。

介護派遣のメリット① 時給が高い

介護派遣の一番のメリットは、時給が高いことです。

都心に行ったら時給1600円以上、地方でも場所によって時給1500円ぐらいは狙えるかと思います。

僕が働いていた事業所の場合

パート・アルバイト(実務者研修以上):時給1000円

僕(ヘルパー2級):1300円

僕自身も不思議でしたが事実です。
(ここだけの話ですが、給料の話は会社でしない方がいいです。面倒なことになります。)

介護のブラック企業で100時間以上、サービス残業をしているよりも、よっぽど派遣社員で仕事をしていた方が、時給が高い計算になります。

限られた時間の中で、高い時給がほしいという方は、1度介護派遣に登録をしてみましょう。

キャリアアップ応援制度あり!介護職のキャリアアップなら介護専門求人サイトかいご畑


派遣をお探しの介護士さんに!【きらケア 派遣】

介護派遣のメリット② いろいろな職種の介護の仕事ができる

僕は今まで、介護派遣で、いろいろな職種で働いてきました。
具体的には、訪問介護、通所介護、施設系等3種類以上の介護の仕事を行ってきました。

どの職種も、メリット、デメリットはありますが、個人的には訪問介護が好きです。

このようにどの職種の介護の仕事が自分に合っているかわからないという方にも、介護派遣はオススメです。

介護派遣のメリット③ 残業もサービス残業もほとんどない

残業やサービス残業がほとんどないというのは、大きなメリットだと思います。

もし、サービス残業を強要されたら、派遣会社の担当にいいましょう。担当の方が変わりに、働いている会社に残業代を請求してくれます。

残業がないというのは、1日の流れ等を作るのにも非常いいですよね。

介護のブラック企業で僕が働いていた時は、サービス残業150時間もありました。

こんな、介護のブラック企業もあるのかという程度でよかったら読んでください。

介護派遣のメリット④ 有給が取れる確率が高い

介護派遣は、直接雇用されているわけではないので、有給が取れやすいというのも大きなメリットです。

個人的な感覚ですが、介護の仕事は有給が取りにくい。
有給が年末年始で勝手に消化されたり、有給が消滅してしまったりと、酷い施設や事業所もあります。

介護施設や、介護事業所だって、一般企業です。
有給を取らなければなりません。

ですが、残念ながら有給がとれにくい施設や事業所もあります。

介護派遣で働くことで、そういった「有給を取るな」という圧力を避けて、有給が取れる確率が非常に高いです。

介護派遣のメリット⑤ 福利厚生がある

介護派遣は、福利厚生もあります。

・交通費支給

・厚生年金

・社会保険

正社員ですと、住宅手当や扶養手当て等書いてあるところもありますが、もらっているない人も実際にいました。

正社員と変わらないぐらいの福利厚生がついてきます。

介護派遣のメリット⑥ 人間関係次第で仕事を変えれる

人間関係の画像

このメリットを非常に大きいと思います。介護派遣は、人間関係がギスギスして嫌な場合は、仕事をする場所を変えることも出来ます。

過去7年間の間に、人間関係が原因で仕事を辞めていった方がどれぐらいいたかというぐらい、人間関係で会社を辞める人が多いです。

介護の仕事をするために、雇われているのに、謎の人間関係で悩まされるのは嫌ですよね?

もしあなたが、人間関係に悩んでしまったら、派遣会社の担当者に相談して、担当者に改善をしてもらうか、別の派遣先を探してもらいましょう。

過去に人間関係で、介護の仕事を辞めたと言う方は、介護派遣で働くことは非常にオススメです。

タイトルとURLをコピーしました